純愛ラブストーリー.蝶

[もし、文法に何か間違いがありましたら、遠慮なく教えて頂くようお願いします。:) ]

こんにちは。今回は、私がこころ揺さぶられた、心に残るお物語をご紹介していきます。

いにしえ、とても聡明で美しい祝英台と言う女の子がいた。

彼女が 17歳になった頃、とても熱心に学問をしたいと思うようになった。しかし当時は、女の子が家を出て学校に行くことは出来なかった、そこで彼女は直ちに一つの方法を考え出した。彼女は考えた、「そうだ、男装して男になれば?これで万事解決だ」と考えた。祝英台は、男性に変装して、学問をしようと杭州に向け旅立ち、父母の元を離れた。その旅の途中、梁山伯と言う 18 歳の青年に出会った。

この青年もまた杭州に赴き学問しようとしているのだった。彼ら二人は旅の途中さまざまなことを語らいながら意気投合し、すぐに親友関係になった。杭州に着いてから彼らは同じ学校に入学した。二人は三年間同級生活をし、共にいたわり、互いに助け合い、親友として友情関係をますます深めた。けれども梁山伯は同級生活の最後まで祝英台が女の子であることに気づくことはなかった。

ある日、祝英台は父から一通の手紙を受け取った。 手紙には、重要なことがあるので直ちに故郷に帰ってくるようにと告げていた。祝英台は家に帰らざるをえなかった。 梁山伯は、彼女が故郷に帰らなければならないことを聞き、親友との離別を思い、とても耐え難い気持ちになった。

見送りの途中、二人は一つの井戸を見つけた、すぐに祝英台は梁山伯を井戸端に引っ張って行った。二人は井戸の中をのぞき込んだ、水面には二人の青年、若々しくとても魅力的な梁山伯と聡明でとても美しい祝英台の姿があった、祝英台はそこで「みてみて、僕たち二人はまるで仲のよい夫婦のようだね」と。梁山伯はこの言葉を聞いてとても不愉快になり「君はなんで僕を女にしてしまうのかね?」祝英台は返す言葉がなかった、ただひたすら彼が怒らないようになだめた。

このようにして祝英台は何度も自分が女の子であることを梁山伯に密かにわからせようとした、けれども生真面目である梁山伯には少しも彼女の思いは伝わらなかった。

最後の別れに臨んで、祝英台は彼に私の家には一人妹がいて、私と全くそっくりに成長している。もし君にその気があるなら、出来るだけ早く私の家に来て求婚して欲しいと彼に告げた。梁山伯はこれを聞いてとても喜んだ。
やがて祝英台は家にたどり着いて、父が彼女を戻らせたのは高官の息子と結婚させる為であることを知った。祝英台はきっぱりと拒絶し、どうしても梁山伯がやって来て求婚することを待つていると父に話した。彼女の父はとても怒り「梁山伯の家はあんなに貧乏だ、大切なわしの娘をあんなやつに嫁にやるわけにはいかん!」とがなり立てた。 

一方、祝英台と別れた後の梁山伯は、とても彼(女)を懐かしく思った。やがて彼も学業を終え、すぐに祝英台の家に行き彼(女)に会い、併せて彼(女)の妹に結婚の申し込みをすることにした。

梁山伯が祝英台の家にやって来てみると、思いもよらないことに彼の前に現れた祝英台はなんと女の子であった。この時、梁山伯は突如、祝英台の『その妹とは』彼(女)自身のことだったのであることを悟った。
梁山伯がまさに驚き喜んでいる中で、祝英台は両目に涙をいっぱいためて梁山伯に、父が彼との結婚に反対していることを告げた。梁山伯はこれを聞いて、とても辛く一言も話すことが出来ず、自分の家に戻り幾日もしないうちに、結婚できないことがあまりにも辛くて病気になり亡くなった。

梁山伯の死の知らせ聞をいて、祝英台は三日三晩泣き明かした。しばらくすると彼女はもう泣かなくなり、父に告げた、「私はその高官の息子と結婚してもいい、けれども、結婚のその当日、花嫁の輿は必ず梁山伯の墓前を通過すること」を要求した。
父は渋々同意せざるをえなかった。嫁入りの当日、花嫁の輿が梁山伯の墓地の前にやって来ると、彼女は輿を下りて墓前にぬかずき、悲嘆に暮れて泣き始めた。

この時、突如天は暗くなり、激しく風が巻き起こり、雨が降り出した。突然、激しい雷鳴がとどろき大地がゆれはじめ梁山伯の墓はぽっかりと裂け、祝英台が直ちに墓の中に吸い込まれるように飛び込むと、墓はすぐにまた元のように戻った。 

やがて風も収まり、雨もやみ、太陽が現れ、墓の周囲には鮮やかな花が咲き競った。そして一対の鮮やかな色の大きな蝶々が墓の中から舞い上がり、墓の周りの花の中を舞い上がり舞い降りして飛び交った。

それでは、つぎに?

やっぱりチョウのことね

一般には、チョウはその美しい姿だけが注目される傾向がありますが、陸上生態系の中で重要な役割を果たす、興味深い生きものでもあります。

皆さんは、同じ種のチョウでも、季節により大きさや色彩が違うのを知っていますか。

[海を渡るチョウたち。

チョウはしばしば集団で移動することがあり、世界各地で古くから記録されています。例えば、コロンブスもダーウィンも海上を移動するシロチョウ類の大群に遭遇していますし、日本でも鎌倉時代の史書「吾妻鏡(あづまかがみ)」に1248年秋の鎌倉における「黄蝶」の集団移動の記述があります。この「黄蝶」は、昭和期の前半に「顔にぶつかって目も口も開けられないほどの大群」が東京や大阪の街中を通過することもあったイチモンジセセリと考えられていますが、何のための移動なのかは完全には解明されていません。モンシロチョウも大群で海上を移動するのが目撃されています。海上を移動するチョウは海面上に止まったりもするようです。
チョウの長距離移動では、北米のオオカバマダラと日本のアサギマダラが有名です。どちらもチョウの翅にマークすることにより、秋には南へ、春には北へと数千kmに及ぶ移動が明らかにされています。彼らは上昇気流を利用して上空に昇り、風に乗って移動しますが、どのようにして移動方向を知るのかは謎です。
おもしろいことに、モンシロチョウもイチモンジセセリもアサギマダラも、室戸岬の南方450kmの海上に停泊する気象観測船で捕獲されています。

石井 実/大阪府立大学教授)]

[神話

バタフライは、古代ギリシャの神話だけでなく、 それについての伝説は、地球のすべての国々のすべての人々から事実上見つかるでしょう。 ニュージーランドのメキシコのザイールでは、この昆虫は魂の象徴として尊敬され、尊敬されていました。 仏教徒とカトリック教徒の多くの宗教画は、あまりにも、彼女の美しい羽を見ることができます。 スラブ神話では、蝶と魂の概念も密接に関連しています。 この翼の美しさを見て、スラブは美しい翼のペアを見ただけではありません。 故人の魂は羽ばたき、日の蝶は純粋な魂であると信じられていました。 「ここでは、誰かのダーリンが飛ぶ」 – そのような言葉は、私たちの時代でさえ聞くことができます。 蝶を持つスラブは、まず魂のアイデアに結びついています。 人々はしばしば、蝶のことを死者の魂や死の前兆、時には死のイメージとして話します。 ロシアでは、死者の魂が蛾に変身信念がありました。 自宅から遠くない旋回、別れ、そしてこの期間の後、空に舞い上がるかのように40日の間に彼らがありました。 ロシアの一部では、蛾は引き続き「夕暮れ」と呼ばれています。 中国では、この羽ばたった生き物は不滅、豊かな余暇、喜び、夏を意味します。 梅の蝶で描か菊で、長寿と美しさを象徴する – 長寿 – ペンで、古い時代の美しさを。 蝶のイメージは道教の寓話に現れます。 だから哲学者Zhuangziはかつて自分自身を夢の中で蝶と見ていました。 蝶、あるいは今、彼女は孫子を-Chzhuanことを夢見る蝶 – 目覚め、彼は荘シーズーは、彼という夢を見た理解できませんでしたか? Chuang Tzuが語った別の話は、若い科学者が、 美しい蝶誤って引退した裁判官の私有財産を入力して、彼の娘を見た後、彼女の魅力によってとても魅了された、彼は懸命に働くと妻に彼女を取得しようとすることを決めました。 これで彼は成功し、高いランクに上がった。 ここで、蝶は夫婦の幸福の兆候です、あなたは中国のキューピッドと言うかもしれません。 日本の蝶は若い女性を象徴し、お互いに羽ばたく蝶は家族の幸福を意味します。 白蝶  – 故人の精神。 古代メキシコでは、蝶はSchochipillyaの「花の王子」である春と恋の神の属性に属していました。 さらに、それは太陽とつながっていて、ちらつきの火の象徴だった。 みじん切り石包丁(ittsli)蝶 – 女神Itzpapalotl、「黒曜石の蝶」、星を燃える夜の精神と同時に – 出産時に死亡した女性の魂の象徴。 古代ギリシャ人は蝶を魂の不滅の象徴とみなしました。 「魂」を意味するプシュケは、蝶の羽を持つ女の子の形で提示されました。 キリスト教では、蝶の開発段階は、生命、死と復活を象徴するので、蝶は時々彼の手で魂の復活と復活を象徴幼児キリストを、描かれています。 パラダイスでの人生を描写した絵画では、そのような翼には、創造主がアダムの体に置く魂があります。 ドイツ語 – スカンジナビアの神話では、エルフ、空気精霊が、蝶の羽を持つ美しい小さな男として描写されました。 蝶 – 魂、不死、再生と復活の象徴、それ翼の乙女の祈りが生まれているように、変換するために、変換する能力、世俗的なトラックから変換。 蝶は大女神(マグナマター)のシンボルとみなされます。 大女神のイメージは人類の歴史の最も古代の時代、旧石器時代にまでさかのぼります。 この最高神は、天と地、人生と死の両方を個人化しました。 偉大な女神と、鳥と飛ぶ昆虫が関連付けられていた。 その女神を代表する昆虫の1つは蝶だった。 したがって、魔女は蝶、構想に貢献すると(例えば、ローマ人は蝶feralis-«野蛮」と呼ばれる)戦争の前兆蝶、蝶ことになることができ信念 – 死者の魂。 さらに、多くの文化において、蝶は喜びの一時的性質を象徴している。 その 中国  この翼のある生き物は、不滅、豊かな余暇、喜びと夏の余暇を意味します。 梅から描かれた蝶は長寿と美しさを象徴し、菊は老齢で美しく、長寿です。 蝶のイメージは、 道教の寓話  。 だから哲学者Zhuangziはかつて自分自身を夢の中で蝶と見ていました。 蝶、あるいは今、彼女は孫子を-Chzhuanことを夢見る蝶 – 目覚め、彼は荘シーズーは、彼という夢を見た理解できませんでしたか? 荘孫子によって語らもう一つの物語は、若い科学者として、美しい蝶を追いかけて、誤って引退した裁判官の私有財産を入力して、彼の娘を見た後、彼女の魅力によってとても魅了された、彼は懸命に働くと妻に彼女を取得しようとすることを決定したことを教えてくれる。 これで彼は成功し、高いランクに上がった。 ここで、蝶は夫婦の幸福の兆候です、あなたは中国のキューピッドと言うかもしれません。 持っている 日本人  蝶は若い女性を象徴し、お互いに羽ばたく蝶は家族の幸福を意味します。 白い蝶は故人の精神です。 その 古代メキシコ  蝶は、植生の神、春と愛の属性、Schochipillyaの “花の王子”に属していました。 さらに、それは太陽とつながっていて、ちらつきの火の象徴だった。 みじん切り石包丁(ittsli)蝶 – 女神Itzpapalotl、「黒曜石の蝶」、星を燃える夜の精神と同時に – 出産時に死亡した女性の魂の象徴。 古代ギリシア人  蝶は、魂の不滅の象徴と考えられていました。 「魂」を意味するプシュケは、蝶の羽を持つ女の子の形で提示されました。 キリスト教の中で  開発の段階では、蝶は人生、死と復活を象徴するので、蝶は時々彼の手で魂の復活と復活を象徴幼児キリストを、描かれています。 パラダイスでの人生を描写した絵画では、そのような翼には、創造主がアダムの体に置く魂があります。 その ドイツ語 – スカンジナビア語の神話  エルフ、空気精神は、蝶の翼を持つ美しい小さな男として描かれていました。 持っている スラブ  主に魂のアイデアに関連しています。 人々はしばしば、蝶のことを死者の魂や死の前兆、時には死のイメージとして話しま  https://forsmarket.ru/ja / ]

美しくも多くの謎を秘めたチョウへの興味は尽きません,ね?

恋も蝶も、たくさん考えさせられた。

基本的に、蝶は人生、愛、魂、幸福の象徴です。

いかなる人間関係も、誠実と忠誠なしでは、本物とは言えない。

たとえば友人についても、どのような状況でも変わらない誠実さがなければ、友人とは言えない、と指摘された。

誠実な愛であること

今の恋愛をもう一度だけ見つめ直してみてください。あなたは本当にパートナーを愛していますか?

お互いに忠実でいること

付き合うと決めたら、浮気をするという選択肢は捨てましょう。忠誠心をどうやって示すかは人それぞれかもしれませんが、パートナーを苦しめるくらいなら、先にきっちり誠意を持って別れを告げるべきです。

忠実さとは一つの生き方

皆さんどう思いますか

じゃ、またね.😉

お目にかかれますのを楽しみに致しております ⚘

2018-2020 Ranvling.com. 蓝铃 ランリン. You agree that you will not modify, copy, reproduce, sell, or distribute any content in any manner or medium without permission. All rights reserved. This disclaimer informs readers that the views, thoughts, and opinions expressed in the text belong solely to the author.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s